転職の際、職場環境が真に禁煙か事前に確認する方法について教えます。こんなはずじゃなかった!と後悔しないために

転職の前に職場環境を確認する方法
転職の前に職場環境を確認する方法

転職の際、職場環境が真に禁煙か事前に確認する方法

タバコが苦手な人が転職する際、最も気になるのが職場環境。喫煙所がどこにあるのか?
煙は自分の働いている場所にも流れ込む環境なのか?
今日は失敗しない、禁煙の職場選び。働く前に、その職場が真に禁煙なのかどうか?
それを見分けるポイントを3つに分けて解説します。
まず、1つめのポイント。それは電話。応募の際、誰もが企業に電話を掛けて面接のアポイントメントをとります。
その際、企業側としてはあくまで面接の日時を取り付けるのが目的ですので、トントン拍子にあなたの年齢や名前を尋ね、会話を進められる可能性があります。
でも、その職場が禁煙でなければ、あなたはその企業に面接に行く理由も、名乗る理由もありません。だから一番最初に質問がある旨を切り出し、禁煙かどうかを教えてもらいましょう。

2つめのポイントは、喫煙所の位置や周りの建物。
例えばオフィス内は禁煙でも、ドアを開けてすぐ正面の場所に、スタンド型灰皿を置いただけの喫煙所が設置されている企業もあります。
暑い季節に換気のためにドアを開け放し、喫煙所からの煙がもろに流れ込んでくる可能性があります。
また、パチンコ店や、喫煙可の飲食店。または屋外に喫煙所を設けているビルと隣接している場合も、窓を開けた際に匂いが流れてきてしまうため、完全に禁煙とは言い難いです。

まず電話で職場環境が禁煙かどうかを確認したら、面接の行き帰りに周りの建物をよく観察し、他社からの受動喫煙がないかどうかをチェックしましょう。

3つめのポイント。ここが正念場なのですが、実際に働いてみること。これに尽きます。
実際にその環境下で何日か過ごしてみないと、真の姿は分からないからです。

試用期間がある職場でしたら、それがいつまでなのかを事前に把握し、短期の職歴が増えるのは転職の際マイナスになるので、社会保険に入る時期がやって来る前に次の転職の準備を進めましょう。ただし、履歴書に嘘を書いてはいけません。

Copyright (C)2017転職の前に職場環境を確認する方法.All rights reserved.